■ CONTACT

■ SITE MAP

キンレイ心染事務局

〒101-0065 東京都千代田区西神田1-3-6 ウエタケビル4F

Tel:03-3518-9010(平日 10:00〜17:00)

Mail: kinrei@pr-tci.jp 

© 2019 Shinsen project

  • キンレイ心染事務局

第二回 駒澤大学落語くらぶOB   渡邉 健太さん

最終更新: 3月26日

2014年に発足し、「和食“鍋焼うどん”」×「伝統芸能“落語”」の魅力を多くの方々に伝達していくことを目指した文化啓発活動である『キンレイ心染プロジェクト』の卒業生インタビューページです。

第二回は心染プロジェクト卒業後、コーナン商事(株)・ホームセンターコーナン鎌倉大船店に勤めている駒沢大学落語くらぶOB・渡邉 健太さんにキンレイ心染プロジェクトに参加した経緯や活動の思い出に加え、参加したことが現在の活動にどのように活きているかなどを語って頂きました。インタビュアーはキンレイ心染プロジェクト卒業後、プロの漫才コンビ「まんじゅう大帝国」として芸能事務所(株式会社タイタン)に所属し活躍している田中永真さん・竹内一希さんです。

左:竹内一希さん 渡邉健太さん 右:田中永真さん

渡邉 二人に会うのは久しぶりだなあ。


竹内 もう随分会ってないですもんね。


田中 たしか最後に会ったのは去年、僕らのライブに来てくれた時だ。


渡邉 そうそう。


田中 僕らとの関係性は、僕と渡邉君は同学年だから、竹内の一つ先輩になるんだよね。


竹内 そうです。すごく人当たりが良くて優しい人だから、ほかの大学の優しい先輩って感じですね。


田中 それこそ渡邉君とは、大学の時は頻繁に会っていて…。


渡邉 うん。何をするわけでもなく、確かによく一緒にいたかも。


竹内 二人は元々どういう出会いだったんですか?


渡邉 大学二年生の終わりくらいの時期に各大学の二年生だけの寄席をやろうってなった時に初めて会った。


左:渡邉健太さん 右:田中永真さん

田中 もともと、駒沢大学の落研と東京理科大学の落研も仲良かったしね。それで、キンレイ心染プロジェクトにも一緒に参加しようってなったんだよね。


渡邉 そうそう。後輩と同期誘って発足の時から参加させてもらったんだ。



竹内 渡邉さんもキンレイ心染プロジェクト発足の記者発表会に参加していましたよね?


渡邉 うん。あれは緊張した。


田中 学生の時にメディアの前に出ることってなかったと思うけど、実際出てみてどうだった?


渡邉 当日、ちゃんと説明はされていたんだけど、その時はあんまり深く考えてなくて、一人一言コメントして…。あ、その時、僕が話している写真を使ってもらったんだ。


田中 そうだ!使われてたね。


渡邉 あの発表会は新鮮な体験だったなあ。最初はガチガチだったんだけど、始まったら、記者の方も大学生として見てくれていたからボケても優しくて、だんだん緊張は解けていったかな。


田中 キンレイさんの新商品を発表して、さらに心染プロジェクトの紹介っていう流れで責任重大だった。


竹内 そういう場だったから、渡邉さんの写真がピックアップされたんですよ。「真面目そうな彼の写真を使おう」って(笑)。


渡邉 大人の世界を垣間見た一日だったなあ。それに僕は今後、記者発表会に出れることはないと思うので、あの発表会は最初で最後の記者発表会。


田中 発表会後に心染プロジェクトも本格始動して、一緒に出張落語会とか行ったよね。


渡邉 ある。田中君と行ったこともあるし、竹内君とも行ったことがある。


竹内 そうですね。渡邉さんと一緒に行ったのはよく覚えています。


田中 何かあったの?


竹内 不安定な高座で、見ているお客さんも不安な様子で僕の落語はうまくいかなかったんです。僕のあとが渡邉さんの出番だったんで、どうするのかなって思っていたら、開口一番「サーファーになった気分です」って言ったら、不安そうにしていたお客さんが、一気に和んで。その瞬間を鮮明に覚えています。そういう表現もあるのかぁって勉強になりました。


左:竹内一希さん 渡邉健太さん 右:田中永真さん

田中 笑いに変えて解決したんだ。


竹内 そういうふうに言えばいいんだって気が付いた瞬間でした。


田中 お客さんと共感して落語するのは大事なポイントだね。


渡邉 他にも、これは変な記憶だけど、出張落語会に行く前の日に自転車で転んで顔に大きな絆創膏貼って出させてもらった日はよく覚えている。落語はしっかりできたけど、観てくれていたお客さんにも、心染プロジェクトのスタッフの方々にご心配をおかけして。もしかしたら写真を撮っていただいていたら残っているかも(笑)。


竹内 みんな落語どころじゃないですね(笑)。


田中 今はどういうお仕事をしているの?


渡邉 ホームセンターコーナンの鎌倉大船店で、電材や照明の取り扱いを担当してるんだ。


ホームセンターコーナン 鎌倉大船店:電材・照明コーナー

田中 売り場の担当?


渡邉 うん。商品の発注をしたりとか、お客様からのお問い合わせに応じて商品の説明をしたり。


竹内 おお。電材とか照明を求めている方には頼もしいですね!


田中 コーナンさんって規模は大きいよね。


渡邉 うん。特に鎌倉大船店は大型で、各売り場も大きくて、お客様にもたくさんご来店いただくので。


竹内 接客業になるんですか?


渡邉 そうだね。接客業になるね。お電話のお問い合わせとかも電材・照明のことであれば、すべて僕がお答えするし。


田中 “担当者に代わりますね”って出てきてくれる人だ。


竹内 責任重大ですね。電気に詳しくないといけないですもんね。

渡邉健太さん

渡邉 お客様は専門的な知識を求めて来店されるので、“詳しい方いませんか?”って言われたら僕が対応させていただいて。まさかお客様も落語をやっていた人が出てくるとは思ってないだろうね(笑)。


竹内 当たり前だけど、しっかりお仕事されていますね。


渡邉 でも、学生で落語やっていた時も、落語に関してマニアックな質問とかされていたから、そういう感覚に近いかもしれない。


竹内 緊張感を持ちながら対応できるのは本当にすごいことです。なんで今の職業を選んだんですか?



渡邉 ホームセンターをぶらぶら歩くのが好きだったからかな。これは共感してくれる人も多いと思うんだけど、色んなモノが売っていて見ているだけで楽しかった。こういうところで働けたらいいなと思っていて。調べていく中で、コーナン商事(株)を見つけて、関西の会社なんだけど興味を持って深堀りしていったら、関東でも展開しているのを知って、「ここで働きたい」って思って面接を受けたのが経緯だね。


田中 学生から社会人になって一番変化したことってある?何を以って社会人だと思う?


渡邉 なんだろう。やっぱりお給料をもらえるってところかなぁ。仕事をした対価として会社からお給料を頂く。給料を貰うからには会社に対して一所懸命にやらないといけない、責任もあるし、社員っていう立場もある。


竹内 こういう話は改めて聞かないとなかなか聞けない話ですね。今のお仕事で楽しいこととかありますか?


渡邉 やっぱり接客業だから、お客様の相談に乗ったり、要望に応えたりして、お客様に“ありがとう”って言っていただくことが一番嬉しい時だね。あとは自分で売り場をもっとこうしたほうがいいんじゃないかとか、この商品は売れるからもっとこうしようっていう考えが数字として結果になった時はやっていて良かったと思う。


田中 社会に出てから、心染プロジェクトで活動してきて良かったことってある?


渡邉 学生の時から会社とか社会に関わることができたっていうのは良い経験だね。あとは、落語を見て楽しみたいと思っている人に応えるっていうのは、お客様の要望に応えていく接客業に近い。心染プロジェクトで落語をたくさんやらせてもらったおかげで、お客様とのやり取りの中に冗談めいたことも言えたりして、スムーズな会話ができるようになったのは心染プロジェクトでの経験が活きているよ。


田中 後輩たちに伝えたいこととかありますか?心染プロジェクトが今後こうなると嬉しいなとか、後輩たちがこう頑張ってくれると嬉しいなとか。


渡邉 やっぱり、僕は心染プロジェクトに参加して、記者発表会とかもちろんそうだし、出張落語会で色んな場所に行くっていうのは普通の学生生活では経験できないから心染プロジェクトならではだよね。こうしてまんじゅう大帝国にインタビューしてもらって記事にしてもらえるっていうのも心染プロジェクトのお陰なので。


田中 僕らも不思議な感じだよ。


渡邉 僕の最後の落語は出張落語会だったので、心染プロジェクトへの思い入れも強い。後輩のみんなには一回一回の落語を大切にしてほしいですね。落語に関わらず、学生時代にしかできないことってあるので。一回一回の高座をやり残すことのないようにしてほしいです。


田中 そうだね。一つひとつ大切やることが心染プロジェクトの発展につながって、キンレイさんと大学生両方に意義のあるものになっていくもんね。


渡邉 うん。一所懸命、自分のできる落語をやれば色んなことにつながっていくと思います。


とにかく後悔がないように・・・。


田中 それ、後悔があった人の言い方になってる(笑)。


渡邉 全然後悔してないよ(笑)。充実していたし、満足もしているから。


竹内 やり切りましたか?


渡邉 うん。だから後輩たちには後悔しないように思いっきりやって欲しいかな。


田中 良い先輩だ。


竹内 キンレイ商品って最近も食べていますか?


渡邉 食べていますよ。もう少し寒くなったら常備しておこうと思っている。


田中 手軽だしね。ラーメンも美味しいよね。


渡邉 そうそう。三層構造って画期的だよ。


竹内 特に覚えている商品とかってありますか?


渡邉 心染プロジェクトに参加するときに、試食させてもらった「鍋焼うどん」が冷凍食品の美味しさを知るきっかけになったので、記憶に残っている。だしを飲んだときに「お店で食べる本格的な味がする」って思って。これが鍋で火にかけるだけで食べられるならすごいなって思った。

左:竹内一希さん 渡邉健太さん 右:田中永真さん

田中 “お水がいらない”だもんね。


渡邉 うん、それまで食べていた冷凍食品とは全然違うクオリティだった。


渡邉健太さん

竹内 それこそ、渡邉さんが勤めているコーナン鎌倉大船店には冷凍食品は販売していないんですか?


渡邉 まだ、冷凍食品は置いていないですね。でもホームセンターで冷凍食品売りだしたら面白いかも。早く偉くなって頑張ります(笑)。


田中 冷凍食品はまだないけどコーナン鎌倉大船店は色んなモノを売っているから行くだけで楽しいだろうね。


渡邉 そうだね。関東にもたくさん店舗を展開しているし、色んなモノを売っていて、立ち寄っていただくだけで楽しいお店作りをしているので、ぜひお近くのコーナンに足を運んでもらえると嬉しいです。なんだか照れくさいなあ(笑)。




ホームセンターコーナン鎌倉大船店

【ホームセンターコーナン鎌倉大船店】

https://www.hc-kohnan.com/shop/shopinformation/?shopid=180&jt=1

〒247-0072 神奈川県 鎌倉市 岡本 1188番地1

TEL:0467-42-8301

FAX:0467-42-8304

営業時間

月~土:9:00~21:30 日・祝:9:00~21:30

※医薬品の販売については、登録資格者勤務時間内に限らせて頂きます。

詳細については一度お問合せ下さい。



まんじゅう大帝国



【インタビュアー:

まんじゅう大帝国 略歴】

株式会社タイタン所属の漫才コンビ。2016年6月コンビ結成。

2017年4月デビュー。大学時代は互いに落語研究会に所属し、学生落語の全国大会で優秀な成績を残す。2017年4月に株式会社タイタンに所属しデビュー。フジテレビ系『ENGEIグランドスラムLIVE』『ネタパレ』などに出演し注目を集める。





【その他、受賞歴等】

・フジテレビ「ENGEIグランドスラム」「ネタパレ」

・WEB CM パイロットコーポレーション フリクション「ネタ帳」

・MV ゼスプリゴールドキウイ「アゲリシャス」

・TBSラジオ「マイナビラフターナイト」月間チャンピオン

(2017年6月/2018年11月)

・第3回未完成映画予告編大賞「MI-CAN男優賞」(竹内一希)


【関連リンク】

・タイタンオフィシャルHP プロフィール

www.titan-net.co.jp/talent/manjudaiteikoku

・まんじゅう大帝国 公式twitter

https://twitter.com/manjudaiteikoku

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now