• キンレイ心染事務局

第三回「まんじゅう大帝国のおちけん部室訪問!」法政大学編

 2014年に発足し、「和食“鍋焼うどん”」×「伝統芸能“落語”」の魅力を多くの方々に伝達していくことを目指した文化啓発活動である『キンレイ心染プロジェクト』のインタビュー企画です。心染プロジェクトでは、落語を学ぶ大学生(落語研究会)のイベントや公演のサポートを行っています。コロナ禍で活動が制限されているなか、試行錯誤を繰り返しながら落語に取り組む大学生を応援します。

 インタビュアーは心染プロジェクト卒業後、プロの漫才コンビとして芸能事務所(株式会社タイタン)に所属し活躍している「まんじゅう大帝国」の田中さん・竹内さんです。

上段左から富士見亭 わび助さん、富士見亭 ぽ太さん、田町家 めり乃さん 下段左から竹内一希さん、田町家 蚕都さん、田中永真さん

竹内:今回は、第三回「まんじゅう大帝国の落研部室訪問!」です!


田中:今回出演してくれる落研は?


竹内:法政大学の落研です!早速話しを聞いてみましょう!


■法政落研部員紹介

法政落研:よろしくお願いします!


田中:よろしくお願いします!まずはみんなの学年と高座名を教えてもらおうかな?先輩からお願いします!

富士見亭 わび助さん

わび助:はい!4年生の富士見亭 わび助(ふじみてい わびすけ)です。今日はよろしくお願


いします。

竹内:よろしくねー。続いてお願いします。





富士見亭 ぽ太さん

ぽ太:3年生の富士見亭 ぽ太(ふじみてい ぽた)です!


わび助:彼が法政落研の現代表(部長)です。

竹内:おっ、法政落研で一番偉いんだね!わび助ちゃんとぽ太君はキンレイ心染プロジェクトには参加しているんだっけ?


わび助:はい!私が2年生の時に当時1年生だったぽ太と一緒に参加しました。


竹内:おお、法政落研は脈々と心染プロジェクトを盛り上げてくれているね。次はどなたかな? 

田町家 蚕都さん


蚕都: 2年生の田町家 蚕都(たまちや さんと)と申します。お願いします。蚕に都と書い


て蚕都といいます。


竹内:さんと?難しい字を使うんだね。

田中:養蚕業の蚕ね。かいこの


竹内:そうかそうか。蚕都くんね。そして最後は1年生かな?


田町家 めり乃さん


めり乃:はい。1年生の田町家 めり乃(たまちや めりの)と申します。


竹内:めりの?どういう字を書くの?


めり乃:えっと、“めり”に名前によく使われる“乃”です。


田中 永真さん


田中:あれだ!これでしょ?こういう字。


竹内:ああ!あれだ。


田中:こういう・・・、伝われ!



竹内:ああ!それでめり乃ね。じゃあ、まずは部長のぽ太君に今の法政落研の活動を教えてもらおうかな。


■コロナ禍でもできることをコツコツと


ぽ太:今は週に1回、オンライン稽古会をしています。


田中:もう慣れたもんなんじゃない?


ぽ太:そうですね。慣れてしまいましたね。


田中:こんなの慣れたくなかったよね。


ぽ太:はい。ただできることをやっていこうと、活動は続けています。


竹内:なるほどね。稽古をオンラインでやってるとなると実際に落語を披露する場も減ってる?


ぽ太:そうなんです。コロナ以前まで依頼いただけていた、老人ホームや地域の施設での慰問活動は休止状態が続いて、法政落研の定期公演はオンライン配信する形で開催しています。自分たちでレンタルスペースを借りて、感染対策をしっかり行ってやっています。


竹内:いやあ、大変だね。今部員は何人くらいいるの?


ぽ太:部員は20人います。


竹内:結構多いね!ここ数年は新歓活動なんかも難しかったと思うけど、こうして1年生も入ってくれていて。今年はめり乃ちゃんも含めて何人くらい入ったの?


ぽ太:今年は3人です。1年生は10月に開催する法政大学の学園祭が初高座になります。


竹内:お、デビュー戦だ。めり乃ちゃんはどうして落研に入ろうと思ったの?


めり乃:人前で話すことが苦手なので、落語を通してそれを克服できたらいいなって思って。


田中:落語は人前で話すが苦手な人には効果抜群だもんね。

竹内 一希さん

竹内:慣れたらメキメキと話せるようになるよ!


田中:落語ほど緊張することないからね。全部一人で立ち向かうわけだから。


竹内:先輩たちは人前で話すことには慣れているのかな?

ぽ太:3年生になって就職活動の一環でインターンシップに参加することも多いんですけど、グループワークの発表とかで「自分がやります!」って言えるようになりました。



田中:ああ、良い答え!


竹内:やるな!さすが部長!蚕都君はどうだい!? 2年目になって。


蚕都:そうですね。僕もまだ人前で落語を披露する機会が少なかったので、まだまだこれからです。


田中:そうだよね。去年もコロナで大変だったから。

富士見亭 わび助さん

竹内:蚕都君はすごく丁寧で落ち着いた喋りだね。癒される感じがあるね。


わび助:いつもみたいに暴言吐いてもいいのに(笑)。


竹内:あ!ええ!?おいおい!真逆じゃないか(笑)!


■褒めて伸ばす!法政落研


竹内:そうすると、コロナ前の活動を知っているのは、ぽ太君とわび助ちゃんだけか。


わび助:そうですね。


竹内:法政落研の稽古会って他の落研の人も参加できて賑やかで楽しいイメージがあるんだけど。


ぽ太:日芸落研さんのようにメチャクチャ厳しい稽古をされているところと比べると、みんなで和気あいあいとしていますね(笑)。

田中永真さん

竹内:そうなんだ(笑)。落語の稽古で罵詈雑言を浴びせてくるような感じではないんだね(笑)。


田中:普通はそんな落研ないんだよ(笑)!


竹内:落語の出来に関係なく「お前は××だ!」みたいなのはないんだね(笑)。

ぽ太:基本方針が褒めて伸ばすなので(笑)。



竹内:それは素晴らしいね!


田中:普通そうなんだよ!稽古もね、みんなで集まってできるようになると良いのにね。


ぽ太:常々その思いはあります。


竹内:ぽ太君は就職活動も本格的に始まってしまうしね。あ、法政落研のみんなの就職率ってどうなの?


わび助:普通に就職する人が多いですね。


竹内:それこそ前回の卒業生インタビューにはぴーちゃんに出てもらって、立派にお勤めしているのがわかったんだけど。


ぽ太:就職しないって選択をする人はまれですね。


竹内:みんなで楽しく落研生活を送って、就職もしっかりするという素晴らしいサークルだと判明しました!ところで、4年生のわび助ちゃんの就活はどう?


わび助:いやああ、ええっと、一応一段落はついたんですけど、納得いくまで続けようかと。昨日も最終面接を受けました。


竹内:おお!ドキドキだね!


わび助:はい。さっき、ぽ太も言っていましたけど、面接とかで人と話す機会があると「上手だね」とか「伝わりやすいね」って言われることも多くて。そういう意味では落研での4年間はちゃんと身になるので、後輩のみんなは心配せずに伸び伸び続けていって欲しいです。私も元々、話しが下手だったので本当に素晴らしいサークルだ!


竹内:はははは(笑)。思いの丈を言ったね!


わび助:私は大学4年間すべてを落研に捧げたので、みんなも続けーー!


■熱い想いが詰まった「落研グランプリ」!

竹内:わび助ちゃんは、法政落研を好きになったきっかけってあるの?


わび助:先輩方が我々をとても大事に可愛がってくださったのと、他の落研との交流の場を設けてくださったのがきっかけですね。先輩方が後輩を巻き込んで落研の楽しさを教えてくれて、最初は落語にも興味がなかったんですけど、入って良かったなって。なので、自分がされたことを後輩にもしてあげたいなって思っていた矢先のコロナで…。


竹内:そうだよなあ。でも、わび助ちゃんは関東落研連合の副総長で8月にあったオンラインイベント「落研グランプリ」を企画したりして、後輩に良い影響を与えているじゃない。あのイベントを企画したのも落研を盛り上げたいっていう気持ちの表れだったのかな?


わび助:そうです。仰る通りです!


竹内:「落研グランプリ」を企画して最後までやり抜いたのはすごいよ!


わび助:いえいえ!キンレイさんや心染事務局の皆さんに協力いただいたから実った結果です。頭が上がりません!


田中:あ、そうか。キンレイさんも僕らの時と変わらず落研を支ええてくれているから、卒業した僕らとしても、ありがたいね。


わび助:「落研グランプリ」が終わってから、落研の同期のみんなでオンライン打ち上げをやったんですけど、反響が多くて、報われました!


田中:こういう良い前例ができたことはすごいことだよ。


竹内:そうそう。後輩たちも「俺たちもああいうことやってみよう!」って思っただろうし。


わび助:今はコロナの影響で閉鎖的になってしまっているので、門戸は広いんだよって示せていたら良かったなと思います。


田中:「落研グランプリ」は学生のみんなの熱量を感じる大会だったね。あとは大変だろうなとも思ったしね。コロナでやりたくてもできないことが多くて、そういう鬱憤が溜まっていなかったら生まれていない企画だったっていうのも伝わったし。盛り上げていきたい!っていう熱量もわかったし。僕らは頑張れ!って応援することしかできないけど。色んなことを思った「落研グランプリ」だったね。


竹内:やってやるぜ!っていう意志を感じたよね。

田中永真さん

田中:そうそう。それで、そこでやるのが落語っていうのが良いよね。落語も世間一般的に不要不急とされるものに入るから。普通だったらやらなくたっていいわけだから、何もできない時に、でも何かやるんだって考えて、行動に移して結果上手くいったわけだから、そういう経験って社会に出てからも絶対に支えにもなるし、自信にもなるから。


富士見亭 わび助さん

わび助:わあ!めっちゃ嬉しい!すごく嬉しいです!


竹内:感情が全部出てる(笑)。


わび助:今のお言葉、録音してもらいたいです。


田中:ちゃんと記事になるから安心して(笑)。


竹内:蚕都君は今後もう少し活動できるようになったときにやりたいこととかってある?


蚕都:他大学の落研の同期と一緒に寄席を開きたいです!


竹内:そうだよねぇ。すごく刺激になるし。友達も増えるしね。


田中:うんうん。オンラインでも良いからそういう機会を作れると、また違った楽しさを覚えるようになるし。そういう思いに共感してくれる人は多いだろうし。

竹内 一希さん

竹内:みんな我慢しているからね。それこそ心染プロジェクトもまた活発になっていくだろうし。蚕都君、めり乃ちゃんにも心染プロジェクトに参加して盛り上げていって欲しいな。心染プロジェクトを通じて他の落研の人との交流が生まれることもあるからさ。


田中:こんなに落研を支えてくれる会社とか大人の人たちっていないからなあ。ダメ元で色んなことをどんどん提案して盛り上げていって欲しいね。


■キンレイ商品は素晴らしい!?

竹内:ぽ太君とわび助ちゃんは心染プロジェクトに参加しているからキンレイさんの商品は食べていると思うんだけど、蚕都君とめり乃ちゃんはキンレイさんの商品って食べたことある?


めり乃:私はまだ食べたことがないんですけど、近所のスーパーで探してみます!

田町家 蚕都さん

蚕都:僕は「京風だしのおうどん」が好きです!湯葉が入っていて、冷凍食品とは思えないです。


ぽ太:僕もこの前ちょうど「京風だしのおうどん」を食べました!


田中:上品なおだしで美味しいよね。わび助ちゃんはどの商品が好き?



わび助:どの商品も美味しいんですけど、特に感動したのは「四海樓監修 皿うどん」です!みんなが買っちゃうので、あまり大きな声で言いたくないくらい好きです。心染プロジェクトに参加してなかったら、出会えてなかったです。


竹内:8月には新商品も発売してね。


ぽ太:この前「王様のブランチ」で紹介されているのをみました。「札幌味噌ラーメン」ですよね。


竹内:そうそう!麺が特に美味しいんだよなあ。


■めり乃ちゃんの初高座の演目は!?

竹内:めり乃ちゃんは10月の学園祭が初高座だけど、演目とかは決まっているの?


めり乃:まだ考え中です。いくつか候補があるんですけど。


竹内:そうかそうか。最初に覚える演目っていうのは思い出になるよね。


田中:そうだね。


わび助:田中さんは最初に何を覚えたんですか?


田中:僕は「真田小僧」だったかな。理科大落研は先輩が20個くらい演目をリストアップしてくれて、そこからあみだくじで決めていたよ。それで自分の好みとかを見極めることができるようになったら自分で演目を選んでいくって流れで。蚕都君の最初の演目は?


蚕都:僕は「お血脈」を最初に覚えました。


田中:へえ、選んだ理由とかはあるの?


蚕都:元々、噺の舞台である長野県出身だったので馴染みがあったっていうのと、講談が好きだったので、講談っぽい落語だなと思って選びました。


竹内:今は何個くらい落語を覚えてるの?


蚕都:4個です。「鮫講釈」とか。


田中:「鮫講釈」は講談が好きなら覚えたくなるよね。話しがそれちゃったけど、めり乃ちゃんの演目はどうしようかね。


わび助:今決めちゃいますか!


田中:そんな無責任な!

富士見亭 ぽ太さん

竹内:先輩たちからアドバイスはしたの?


ぽ太:それこそ「真田小僧」とか子どもが出てくる落語を勧めました。


田中:めり乃ちゃんの候補は何があるの?


めり乃:ぽ太先輩が教えてくれた「真田小僧」と「子ほめ」とか。


田中:「子ほめ」良いじゃん!


めり乃:他にも色々あるんですけど…。すみません!緊張してしまって上手く喋れず。


竹内:全く問題ないよ!

竹内 一希さん

田中:めり乃ちゃんが教えてくれた後に竹内もやりたい落語言うから(笑)。


竹内:あははは(笑)。そうね。僕が覚えたい落語言うね(笑)。


めり乃:「平林」とか。

田中:なるほどね。イイかもね。思い切って、今ある候補全部やっちゃうっていうのもアリよ(笑)。で、竹内は?


竹内:ああ、僕か。「長短」をやってみたいな!


わび助:あ、良いですね!みてみたいです!


田中:じゃあ、竹内は来週中に覚えて、法政落研の稽古会でやろう!


わび助:やった!

竹内:みんなが真に受けちゃうじゃない!蚕都君は講談が好きって言っていたけど、覚えたりしてるの?


蚕都:少しずつやってはいますが、まだまだ全然です。落語もまともにできていないので。


田中:謙虚だね(笑)。練習してるんだから、できるって言っていいのよ。


わび助:ええ、今度私に見せてよ。


蚕都:わかりました!


わび助:絶対だよ! 竹内:今年の学園祭はいつになるの?


わび助:10月中旬に多摩キャンパスで開かれます。これがめり乃ちゃんの初高座になる予定です。その後、市ヶ谷キャンパスで4日間開催されます。まだオンラインになるのか、形式は決まっていないですが。


竹内:4日間もあると何高座もあるわけだよね?めり乃ちゃんもその4日間を乗り越えたら自信が付くだろうし。頑張って!


田中;今日は法政落研のみんなに色々話を聞いてみたけど、最後に代表のぽ太君からこれから法政落研に入るであろう後輩のみんなへメッセージをお願いします。

富士見亭 ぽ太さん

ぽ太:法政落研は常に部員を募集しています!いつでも部室に遊びに来てください!10月には法政大学・多摩キャンパスにて多摩祭と市ヶ谷キャンパスでは市ヶ谷祭も開催するので、そちらもよろしくお願いします!情報は法政落研公式Twitterから順次、情報発信しています!




【法政大学落語研究会 プロフィール】

・プロフィール:法政大学の中でも長い歴史をもつ公認サークルです。市ヶ谷キャンパスで毎週木曜日に活動しています。年三回の自分達で開いている寄席や学祭などで成果を発表しています。新入部員はいつでも募集中です!お気軽にご連絡ください。出前寄席等もやっていますのでTwitterやHPのチェックをお願いします!

法政大学落語研究会公式Twitter

法政大学落語研究会公式HP

・代表 富士見亭 ぽ太さんからのコメント:難しい状況下ですが、精一杯活動しています。対面で寄席ができるようになった時には、ぜひ足を運んでいただいて、少しでも笑っていただければと思います。その日が来るまで部員一同精進していきます!!一致団結!!

まんじゅう大帝国


【インタビュアー:まんじゅう大帝国 略歴】

株式会社タイタン所属の漫才コンビ。2016年6月コンビ結成。

2017年4月デビュー。大学時代は互いに落語研究会に所属し、学生落語の全国大会で優秀な成績を残す。2017年4月に株式会社タイタンに所属しデビュー。フジテレビ系『ENGEIグランドスラムLIVE』『ネタパレ』などに出演し注目を集める。




【その他、受賞歴等】

・国立演芸場 令和元年度「花形演芸大賞」 銀賞受賞

・フジテレビ「ENGEIグランドスラム」「ネタパレ」

・WEB CM パイロットコーポレーション フリクション「ネタ帳」

・MV ゼスプリゴールドキウイ「アゲリシャス」

・TBSラジオ「マイナビラフターナイト」月間チャンピオン

(2017年6月/2018年11月)

・第3回未完成映画予告編大賞「MI-CAN男優賞」(竹内一希)

・2020年1月29日より、初のDVD「詰め合わせ」発売。

・2020年10月7日より、第一回単独公演DVD 「私の番です。たしかにね。」発売。

・竹内一希さん主演映画『実りゆく』が2020年10月9日(金)に新宿武蔵野館ほか

 全国の上映館で公開。「第63回ブルーリボン賞」作品賞にノミネート。2021年4月28日

 よりDVDが発売予定。

・初の単行本『笑いの学校』が2020年12月19日(土)に河出書房新社より発売。

【関連リンク】

タイタンオフィシャルHP プロフィール

まんじゅう大帝国 公式twitter

まんじゅう大帝国 Youtubeチャンネル

DVD「詰め合わせ」

第一回単独公演DVD 「私の番です。たしかにね。」

まんじゅう大帝国 竹内一希さん主演映画『実りゆく』公式HP

初の単行本『笑いの学校』



0件のコメント